2011年3月27日日曜日

展覧会レポート

去る3月10日、3月7日〜13日まで開催されていた奎星展へ友人と見てきました。

最初に、同人、無鑑査会員の方々の作品がある上野の森美術館へ。
そこで、何点か作品をご紹介します。
前衛書のパイオニアといわれる会だけに、文字作品よりも抽象作品が多いです。






この翌日にあの大地震でした。亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

2011年3月24日木曜日

ギャラリーVIGROWAオープン

取り扱ってくださるギャラリーが4月14日にオープンいたします。
私を含めた作家作品が一同に展示されます。
是非お立寄くださいませ 近くになったらまたご案内します。




2011年3月21日月曜日

不謹慎ながら

11日の地震以来、仕事がキャンセルして家で待機しています。
テレビ番組も通常に戻りつつあり、世の中では復興の兆しが見えてきました。

私には節電しかできる事がない。せめて上着を1枚多く来てじっとしています。

普段できない勉強や、身の回りの整理、、、とやる事は意外にある。
そんな中、この時期に不謹慎だとは思うけど、今年のコペンハーゲン展に向けて絵の構想を考えています。
まとまった休みがないので、こういう時間はありがたく使うしかない。

日本よ頑張れっ!!

2011年3月9日水曜日

オリジナルインク



私の使っている墨は、門外不出オリジナルの墨です。
あるとき、実験が好きな私は色々な溶液を混ぜていました。そこで、偶然この墨に辿り着きました。
でも偶然にできたので、それから長い実験(温度や調合量、湿度など、)をし、安定してできるオリジナルインクを作り上げました。
今でこそ慣れてきてますが、当初はなかなか納得のゆくインクができずに
大変焦ったものです。
構図が気に入っても、このテクスチャーがうまく出なかったり、墨色が変色したり、また剥がれてしまったり、、、、
新しいものを創るときは、努力と実験、それに柔らかい頭ですね。
まだまだ進化し続けます。

2011年3月8日火曜日

Ink art

アートとしての書について。
それは、文字工房•素(shiroki)の商業的に書かれた文字の対極にあります。
私がライフワークとしているアートとしての書作品(Ink art)は、文字を主体としたものではありません。文字の持つ「意味」が強く前へ出てしまうからです。
文字を主体とし創作から発展した作品は、微妙に文字の形を残し、作者も文字を意識します。
それを狙った作家も数多くいらっしゃいますが、私の作品では頭で考える要素は極力取り払いたいと願い、このような手法に辿り着きました。

気配、余韻、五感、色気、等々感覚的なものを感じる作品を創りたいと日々奮闘しています。
それは今まで培ってきた書の道だけでは容易に進むことができません。

2011年3月5日土曜日

アトリエ

都内在住の私はアトリエが欲しくても無理で、毎回伊豆や八ヶ岳の貸しコテージ
(家一棟)を使って作品制作をしております。
1年契約で、今年からなんと40泊分のチケットになりました。
以前はもっと少なく、制作するのに少し物足りないお泊まりでした。
毎回利用しているのが、泉郷という会社で、全国にコテージやホテルがあります。
利用料が発生しますが、それも格安です。
会社員時代だった頃、福利厚生にこの泉郷を利用していました。
ただ同然で泊まれたのですが、作品制作をするようになってふと思い出し、問い合わせをしたのがきっかけです。

作品制作をしなくても、ただの旅行でも利用できるし、何より鍋釜全てが揃っているので、
食品と身の回りの物だけ調達すればあとは泊まるだけ。

コテージには色々な物件があるので、制作用に厳選した広い家を借りています。
春には桜が咲きほこり、紫陽花、紅葉と1年通しても季節が楽しめ、また大島が眺められる部屋もあり、伊豆石のお風呂付きコテージもあります。

気分転換も兼ねて、1日制作し、食べたい時に食べ、寝たい時にベッドに入る、まさに制作三昧な時を過ごせます。

アトリエが持てるようになったらこんな贅沢が毎日できるのかな....

2011年3月4日金曜日

字手紙

受け取った相手が喜びそうな、字手紙を制作しました。
葉書に仕上げますが、まずは大きな半紙で練習。

文句は
包むの文字に、心ばかりのお品ですが。
心の文字に、日頃の感謝のお礼です。

参考にしたのは、関紫芳(せき しほう)さんの「字手紙」

カルチャー教室では、普段使いの書を練習しています。
ただ書くだけでなく、葉書やブックカバー、カレンダーなど季節に合わせて書をアレンジしてゆきます。
皆さん喜ばれ、葉書に仕上げられました。早速送りたいとの声。
受け取った方が喜ぶ顔を思い浮かべながら。。。



2011年3月2日水曜日

ひな祭り



明日は3月3日のひな祭りです
ひな祭りは中国から伝わってきたのを知っていますか?
古代中国には3月最初の巳の日に川に入ってケガレを清める行事がありました。それが日本に伝わり、女の子たちの人形遊びである「ひない祭り」が合わさって、ひな祭りの原型ができました。今でも「流しびな」が残る地域がありますが、この由来にならって、子供のケガレをひな人形に移して、川や海に流した事からきているそうです。

でも、ひな人形はあまり長く飾ると女の子の婚期が遅れると言われてますね。
3日が過ぎたら、早く片付けましょう。

2011年3月1日火曜日

書道・習字

子供から大人までご自宅まで伺って書道を指導しています。
最近特にニーズが増えている事を実感します。
親が子供に習わせたいお稽古の2位にお習字がありました。
何とも嬉しい統計です。
これだけパソコンが浸透しても、日本人として最低限の知識や作法を身につけてもらいたいのでしょうか。
書道といってもただ字を習うだけではありません。もちろん筆や鉛筆の正しい持ち方や
書き順、筆圧等、書道での基本的な事も大切です。
特にお子さんには、挨拶や作法、習字の意味等学ぶ事は沢山あります。
でも、低学年のお子さんには飽きてしまう時もあるので、たまに本の読み聞かせや文字の指導、折り紙やあやとりもします。気分転換になり、その後きちんとお習字の時間が取れる事もあります。おかげで私の折り紙のレパートリーも増えました(笑)

ご自宅が書道教室になるプライベート書道教室にご興味がございましたら、是非お問い合わせください。
楽しいクラスにしたいと思います。